エステに行って足やせしたいといつも思っていた私が学んだ自己流方法と、エステに通いつつ学んだ知識

足やせの為にエステに通うということ。
足やせの為にエステに通うということ。

エステに行って足やせしたいと思った学生時代

学生時代はずっとバレーボールを続けていたので、私の太ももはかなりの筋肉でお年頃の学生時代にはそれがとても恥ずかしくもあったのですが、その筋肉がないとプレーに影響が出て複雑な心境でした。エステの広告とか見るといつも足やせの部分を眺め、大人になったら通ってみたいなといつも思っていたのでした。今思えばその時の筋肉がとても懐かしく、今ではその筋肉をつけるのにはとてつもない努力をしないといけないんだと思うと気が遠くなる重いです。そんな筋肉とのお付き合いが続いた学生時代でしたが、社会人になってもバレーボールは続けていたものの、学生時代とは違ってオフもありましたし、練習時間もめっきり減りました。そう、自分の時間がもてるようになってきたのでした。

そこで私は先輩達が通っていたスパにあるサウナでダイエットを始めたのでした。なぜかというと、先輩達が痩せていったのです。その時の方法とはとにかくドライサウナに入り汗をかく、その後水風呂に飛び込み熱さを逃し、塩を使っての脂肪揉みです。これを続けていた先輩の足はめっきり引き締まり、足やせをしていったのでした。もちろんお腹周りの脂肪も取れていってました。エステにも大変に興味があったので、その後年をとってからは自分でも体重が落とし難くなっていったのでエステの力を借りることになりました。エステのほうがやっぱりきれいになっていくし、知識も一緒についてくるので、自分流とエステ流を合算したのを続けていけば一番私にはむいているのだとわかることが出来ました。

Copyright (C)2018足やせの為にエステに通うということ。.All rights reserved.